EDには自己勃起補助のトレーニングも効果的です

ABCクリニック天神院ではED治療もおこなっていますが、こんな方法の自己トレーニングもあります。

自己勃起補助トレーニング
勃起を促すための「自己補助的なトレーニング」と言う方法もあります。自分一人で道具も使わずにできるので手軽なうえ、はっきりとした効果が望めるのでお勧めです。
原理はとても簡単。ご存知のように勃起はペニスの中の海綿体に血液が充満することで起こるので、これを手動で再現するのです。

まず海綿体の血液の出口を指で押さえて狭くして入口の方鵜から血液を送り込んであげれば海綿体に血液が充満し、勃起する力を補助できることになります。これは手首の動脈を指で押さえて握り拳を作って手首を何度も曲げると、手の先から血の気が引いたようになりますが、その逆だと思って頂けたらいいと思います。
実際には次のような手順で行います(左右逆でも構いません)。
@まず左手の指、その内の主に親指以外の4本で睾丸の袋の下の付け根(会陰部というところ)をしっかりと圧迫する。
A左手はそのまま圧迫し続け、右手をペニスの根元にあてがう
B右手を下にさげ、左右の手の指が触れるところまで持って行く。
C右手の指を今度は体に垂直に押し付けて、そのままペニスの根元まで戻るペニスの先に血液を送り込むような感じで。
Dペニスの根元まで来たら、送り込んだ血液が逆流しないようにペニスの根元をはさんで止めて、左の会陰部の圧迫を解除する。数秒の間を置いて@の動作から繰り返します。
この動作を5・6回繰り返すとかなりの量の血液をペニスの海綿体の中に送りこむことが出来ます。
もちろんこの方法だけで完全に勃起させることはできません。しかし、勃起を補助することは出来るので自分だけで簡単にできるという意味では実際にコツをつかんでしまうとやってみたときに確実にその効果を実感できるはずです。

  • ABCクリニック天神院のご予約はこちら(TOPページ)

  •  

    サイトマップ

    体力に自信あります