包茎は大きく分けて3つの種類があります。

真性包茎
勃起した状態でも男性器の亀頭部に包皮が被っている状態で、亀頭と包皮が癒着していることも多いため、平常時でも包皮をめくることが出来ない包茎は主に「真性包茎」と分類され、保険適用の対象とされ、成長期を終えてもこの状態だとしたら、なるべく早い治療を必要とします。
亀頭が包皮に常に覆われているために亀頭の成長が阻害されていしまい、亀頭が小さいまま先細りした状態で性器が成長してしまうことが多いです。包皮の内側は恥垢が溜まりやすく性器が悪臭を放ちやすいので細菌が繁殖しやすいことは感染症を起こす可能性を高め、性交渉にも支障をきたす傾向にあります。

カントン包茎
なじめから包皮口が狭いため亀頭を露出させることがむずかしいのが「カントン包茎」の特徴で、無理に包皮を翻転させて亀頭を露出さると、その皮がペニスを締め付けてしまって、痛くて元に戻せないということも起こります、そのままにしておくとその部分で皮膚が炎症を起こしたり血管やリンパ管が狭い包皮輪に絞扼されて循環障害などの症状を起こしやすくなります。
放置しておくと亀裂を生ずることもあり、真性包茎と同じく成長期が終わってもこの様な状態でしたらクリニックでの外科治療を要します。

仮性包茎
包皮が亀頭を覆っていても勃起時は亀頭が露出する、または手でめくれば亀頭を露出することができる状態を仮性包茎と呼んでいますが、真性包茎に近いくらいの重い症状のものから、特に支障のない程度の軽いものまでいろいろで幅広くこのためか日本人男性の60%くらいは仮性包茎ではないかと言われています。

仮性包茎は日常生活に支障をきたさないとされていますが、真性包茎に近い、勃起時でも包皮をめくるのがむずかしい位になると、恥垢がたまり不衛生となりやすく例えば包皮と亀頭の間に陰毛が絡まることなどが原因で傷をつけたり、炎症を起こしてしまう様な時は包茎手術が必要と思うようになり、そうでない軽度の包茎でもコンプレックスの解消という理由で、包茎手術を希望する男性は増え続けています。
ここ数年ABCクリニックなど広告を載せるクリニックも増えて、包茎手術自体の存在が表に出るようになりました。

  • ABCクリニック福岡院のご予約はこちらから(TOPページ)


  • 包茎の種類関連コンテンツ

    ABCクリニック天神院の包茎治療は主に成長期を過ぎた男性を ママがおちんちんをむくケアをしていたら ..... >> 続きを読む

    ABCクリニック福岡院には包茎治療、EDなど下半身の悩みを抱える男性が県内だけでなくかなり遠方か ..... >> 続きを読む

    ABCクリニック天神院の患者さんが抱える悩みの多くがそうであるように、昔から頼りない男性自身を形容す ..... >> 続きを読む
     

    サイトマップ

    体力に自信あります